TOP

デカマラというのは、一般男性が持つペニスのサイズよりも、はるかに大きいペニスの事を言います。そんな、デカマラを持った人でも満足できる風俗を御紹介いたします!

変わった人もいるもんだ

風俗なんて世界で働いていると、いくら高収入求人とはいえ、こんな人の相手までしなきゃいけないと思う時があります。特に私の場合にはソープなので、ハードめのサービスも要求されることが多いんです。ただデリヘルに比べ、基本的にピストンまでは受けに回っていてくれるタイプが多いのが唯一の救いです。ただ今回のお客さんは、プレイ内容が云々というのではなく、そのファッションが奇抜すぎて、この人はどういうプレイを望んでいるんだろうと警戒してしまったという話です。まずトップスですが、真っ赤な色のノースリーブのシャツ。これに紫のスカーフのようなものをクビに巻いている。更に頭は、サイド側の髪の毛が残っているだけのハゲ頭。全身タイツの下半身だけといったタイツをはき、明らかにノーパンでもっこりとしている。こんな出で立ちだったんです。歳の頃は40代後半から50代。色々なところにツッコミどころがあったんですが、敢えて触れずにプレイをしたんですが、無事に終えられてよかったです。


人との出会いは大切

風俗の世界は高収入だけではなくて、人と人との出会いが美しいという魅力もあると思います。自分が働いているヘルスという世界は中途半端だと言われることもあるのですが、ヘルスにしかできない魅力というのもあると思うので、お客さんを満足させられるように毎日頑張っています。求人に応募した時はあまり自信がなかったのですが、今ではとても強い自信を持ちながらサービスをすることができるようになりました。昨日もとても大事にしてくれるお客さんと出会うことが出来てすごく嬉しかったですし、このお店で仕事を続けていこうと思いました。自分は自分の職業にかなりの自信を持っていますし、風俗嬢だとして馬鹿にされたとしてもやっていける自信があります。こんなに自分が強い人間だということはこの仕事を始めなければ分からなかったと思います。ですから、高収入な求人が自分の人生を変えたと言っても過言ではありませんし、心から感謝しているところです。

もっと続けてみたいと思います

高収入でなるべく長く続けられそうな仕事がないのか求人で確認するとデリヘルがそれに相当するらしく、本当に大丈夫なのか確かめる為に体験入店と呼ばれるサービスを利用してみました。仕事を少しだけ体験した後で続けられるのかを確かめられる支援は本当に有難いですし、親切に色々なことを教えてもらえたので嬉しかったと言えますね。昔やっていたアルバイトではここまで丁寧な指導を受けられなかった訳で辛かったけど、デリヘルの方が難易度は低いのはなんだか引っかかるものがあります。取り敢えず大丈夫そうだったので正式にデリヘルの仕事を続けることにした訳だけど、給料額が相当高くあっという間に目標金額を稼げたのでとても嬉しかったです。このペースで続けていけばかなりの金額を溜め込むことが出来ると思えたから、将来の為にも色々と計画を立てるつもりでいますよ。風俗嬢としての仕事はやり甲斐を感じさせてくれるし、男性客から褒められると気分が明るくなるから個人的にはこういった点も良かったと思います。

月別アーカイブ

フリースペース